火災保険で「お得に」

ホーム価格について火災保険で「お得に」

知らなきゃ損するかも!火災保険の上手な使い方

屋根・外壁塗装をするなら
一緒に無料診断してみませんか?

あなたのお家も何らかの災害を受けているかもしれません!

外壁が壊れてしまった場合に、火災や台風、飛来物など何が原因で壊れたのかによって補償されるかどうかが変わってきます。
自然災害が原因の場合は補償の対象となりますが、プランによっては窃盗や飛来物などは対象外となることもあります。

外壁に関わってくるのが、台風によって破損が起こったときに火災保険が使えるということです。
近年は勢いのある台風が増えてきているため、強風によって家の屋根や外壁が破損することも増えています。
台風によって破損した場合は補償の対象となるため、保険の申請を行うことをおすすめします。
ただし台風による破損の修理以外、例えば経年劣化による塗装などは補償の対象とはならないことに注意が必要です。

火災・落雷

・雷が落ちて屋根に穴が開いた。屋根瓦が割れてしまった。
・雷が落ちた箇所から火災が発生し、損害が生じてしまった。

雷による外壁や屋根の被害は、雷自体の威力だけでなく雷によって発生した火災からも被りますが、火災保険に「落雷」補償を付けていれば補償を受けることが可能な場合がございます。

台風・竜巻・雪災

・雪の重みで屋根材、雨樋、給湯器、カーポートなどに破損が見れる。
・飛ばされてきた木・石など屋根瓦が外壁に直撃してサイディングが損傷してしまった。

台風の突風にあおられて飛ぶことで生じる損傷などに適用されることが、屋根瓦が飛ぶような強風じゃないと適用されないというわけではないため、保険の内容を確認することをオススメします。

水災・水濡れ

・大雨で床上浸水や土砂崩れが発生し、外壁が腐食または破損する 。
・通常以上の大雨で雨樋が雨水を受け止めきれず破損する。

豪雨、洪水、高潮などに起因する土砂崩れなどはすべて「水災」と分類され、水災対応の火災保険の補償対象です。

被災した3年以内

・地震が原因で、外壁にヒビが入ってしまった。
・経年劣化が原因の損害ではないこと。

損害の判定は自身ではなくプロが行うほうが確実なため、小さなひび割れでもまずは修理業者に連絡してみることが重要です。

面倒だからと諦めてしまう前に!無料診断を!

PAGE TOP